auPAYの入金サイクルを常に翌日にする方法「個人事業主必見」

こんにちは。satoです。

auPAYの導入を考えているけど、auPAYって入金サイクルが遅いんだよな〜。という事で導入を躊躇されている事業主さん。

個人事業をしていると、月1入金とか月2入金じゃ月末に現金が不足するなんて心配がありますよね。売り上げがあるのに現金はありません。みたいな。

auPAYユーザーは2200万人を超えたそうで、着々とユーザーを増やしていますし、これからPontaポイントとの統合も控えているので更にユーザーが増えてきそうです。

今回は実際にauPAYを導入しつつ、常に翌日入金をしている僕の方法を紹介したいと思います。これで、入金サイクルに悩まずにauPAYを導入できますよ。

auPAYの入金サイクルは?

auPAY公式サイトによると、入金サイクルは、

  • 月1回(末日締め⇒翌月末日払い)
  • 月2回(15日締め/翌月15日払い、末日締め/翌月末日払い)
    上記は振り込み手数料はKDDI負担
  • 早期振込サービス(別途事務手数料がかかる)
    事務手数料がいくらか、早期というのがどのタイミングなのかは明記されていません。

こんな感じです。
半月に1度でもちょっと遅いですよね。自営業はタイムイズマネーです。
これじゃ、資金繰りが不安になる。

また、早期振り込みサービスというのも、具体的な内容が公式ページには明記されておらず、どの程度早期なのか、事務手数料等も不透明です。

と、言う事でいくらユーザーが多くても小規模店舗であるほど導入を躊躇してしまう感じです。この内容であれば、僕は導入しません。資金繰りがorz,,,,

ですが、とあるキャッシュレス決済を導入することで上記の問題が全て解決します。

翌日入金でauPAYを使えるキャッシュレス決済がある

上記の入金サイクルはauPAYの公式から導入した時の話です。

ですが、一つの契約でクレジットカード、電子マネー、交通IC系、
QR決済(auPAY含む)Apple Payを使えるキャッシュレス決済があります。


それは、楽天ペイです。
楽天ペイは2019年6月26日より、auPAYでの決済ができるようになったんです。

上記の決済方法が、全て楽天ペイの決済アプリ上で決済することができます。

楽天ペイ決済アプリ画面。auPAYも使えます。

⇒auPAYも使える楽天ペイの公式サイト

入金サイクルは最短翌日。手数料無料。

楽天ペイは土日祝に関わらず、振込手数料無しで翌日に入金することが可能です。
ただし、一つだけ条件があります。

入金する口座を個人の楽天銀行に指定する。
これだけです。

めちゃくちゃ余裕じゃないですか??楽天銀行指定にするだけです。
たったこれだけで、前日決済した分が翌日の10時〜10時半位までに入金されます。週末だろうが、祝日だろうが関係なしに翌日入金です。

これだと、ほぼ現金商売みたいな状態です。
auPAYはもちろん、クレジットカード、電子マネー、どの決済方法でも翌日に入金されます。

資金繰り問題は一切解決されますね。

まとめ

どうですか??

auPAY公式で導入すると、月1か月2の入金で使える決済方法はauPAYのみ。

楽天ペイだと、auPAYや様々な決済方法が使えて、楽天銀行指定で翌日入金。
楽天ペイを選ばない理由が見つかりません。

⇒翌日入金楽天ペイを使う

sato
sato

1ヶ月のお会計が全部キャッシュレスでも楽天ペイなら資金繰りの心配全く無し!

楽天ペイについてがっつり書いてます。
「オススメ」楽天ペイを実際に5年以上使っている個人事業主が徹底レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です