「実体験」個人情報に異動が残っていても可決したクレジットカード

こんにちは。satoです。

任意整理や個人再生等で個人情報に傷がある状態でもクレジットカードが発行できるのか?同じ境遇の方は気になりますよね?

答えはyesです。実際に僕が任意整理をしてCICに事故情報が載っている状態にも関わらず、1枚のクレジットカードを発行することができました。

そのカードはアメリカンエキスプレス、通称アメックスの個人カードです。
申し込めば100%合格するわけではないですが、実際に可決した例が僕です。

事故情報があるけど、どうなんだろう?大丈夫だろうか?そんな方は読み進めてみてください。

個人情報に傷があると、クレカの審査は通らない?

個人情報に異動が付いている状態だと、通常はほとんどのローン、クレジートカード作成、携帯電話の分割購入など、一般の方が普通に使うであろう金融サービスがまず可決になることはありません。

プロバイダやネット系の支払いは確実にカードの方が楽です。現金でできるものもありますが、手間がかかってしまうものも多いです。

ですので、復活の為1枚クレジットカードが欲しい。僕もそんな思いでした。

今回はそんな中、事故状態中でも発行してくれたアメリカンエキスプレスのグリーンカード、僕の実体験を掘り下げます。

カード申し込み当時の状況
  • 司法書士の先生に任意整理をしてもらう
  • 任意整理後の支払いは全て完済
  • 異動情報が後2年で消えるところ

金融事故をおさらい。CIC等の事故情報の保存期間

そもそも、金融事故の履歴がある場合は、ほとんどの金融サービスを申し込んでも可決されることはほぼありません。
(クレジットカード、携帯分割購入、各種ローン等)

事故情報は下記3社に保存されていて、任意整理や債務整理をした後の事故情報は、CIC、JICC、KSCで異なっていて下記のような期間になっています。

CIC(株式会社シー・アイ・シー)

  • 61日以上の延滞:5年
  • 3ヶ月以上の延滞:5年
  • 任意整理・特定調停・個人再生をした場合:5年
  • 自己破産した場合:7年

JICC(日本信用情報機構)

  • 61日以上の延滞:1年
  • 3ヶ月以上の延滞:5年
  • 代位弁済になった場合:5年
  • 強制解約になった場合:5年
  • 任意整理・特定調停・個人再生をした場合:5年
  • 自己破産した場合:5年

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

  • 61日以上の延滞:5年
  • 3ヶ月以上の延滞:5年
  • 代位弁済になった場合:5年
  • 任意整理・特定調停・個人再生をした場合:5年
  • 自己破産した場合:10年

結構期間が長いですよね。僕は任意整理をしたので、5年の喪期間でした。上記の年数は、延滞だと延滞が解消してから〇〇年、任意整理は支払いを完済してから〇〇年間記録が残るということになります。

ですので、僕の場合は任意整理できちんと支払える期間に変更してもらい支払いはしていましたが、異動が付いていましたので、それを完済してから5年間事故情報が残ったということになります。

トータルすると5年プラスアルファの期間で個人情報に傷が付いていたことになります。

事故中でもクレカ申し込みチャレンジは可(申込履歴は半年残る)

クレジットカードの申し込みは事故中であろうが、いつでも申し込むことができます。

仮に否決をもらっても、申し込みの履歴は半年でCIC等から消えるので再チャレンジもできます。

僕も異動情報が完全に消える(喪が明ける)状態にならないと可決は無理だろうなと思っていてたのですが、上記の理由でアメックスに挑戦したところ、まさかの可決でした。

アメリカンエキスプレスのグリーンカード

何故、異動有りでアメリカンエキスプレスを申し込むの?

カードの会社は、国内大手だと三井住友、三菱UFJニコス、JCBなどが思い浮かびますが、それらではなく何故アメックスを申し込むかというと、

国内企業の場合、個人情報に事故情報があると問答無用でほぼ否決ですが、
アメリカは日本よりも超カード社会で、過去の失敗よりも現状がどうなっているかの方を重要視するお国柄で再チャレンジに寛容なんです。

アメリカンエキスプレスは米国が本社の会社なので、そういう意味では過去の事故情報に対して柔軟に審査、対応をしてくれるのかなと思います。

事故情報が付いた過去よりも、現在がどのような状況になっているかが重要視されるということです。

ですので、アメリカンエキスプレスから再チャレンジを試みましたし、最初の1枚にオススメします。

⇒アメリカンエキスプレスを最初の1枚にする

アメックス申込〜審査の流れ

僕が申し込んだ時の状況ですが、任意整理が済んで全ての支払いを終えているけど、異動情報が後2年個人情報に残っている時です。

HPから申し込みをしましたが、
翌日には審査通過のメールが届き、5〜6日で簡易書留でカードが到着。
正味1週間ちょっとでカードが届きました。結構早かったです。

ダメ元だったので、ほんと嬉しくてしばらくカード眺めてました。

ネット上にも、僕と同じような条件で可決になっているケースを見かけるので、過去の失敗より、現状を重要視説は濃厚じゃないかと思われます。

※関連記事
アメックスの審査の流れは?可決のメールとは?実際の発行までの流れを解説します。

もし審査に可決し、発行できたら大切にしましょう。

ほんとコレ。

当時は適当に生きていて、結果いろんな所に迷惑を掛けたわけですが、そうなってからの1枚目のカードの有り難みはものすごいものがあります。

アメックスのグリーンカードが発行でき、通常の金融生活をさせてくれることになった第一歩なのは間違いありません。

クレジットカードを申し込んで、否決だった場合、申し込んだ履歴は半年で自身の個人情報からは消えます。なので再チャレンジもできます。僕もそんなつもりでしたし。

カードが発行できた際には、同じ失敗を繰り返さないようにして、スタートのカードとしてクレヒスを積んで徐々に次のステップに進むといいですね。
(僕はアメックスに愛着ありすぎてメインで使っています。)

思い立ったらチャレンジです。

個人情報に傷があるから、必ず否決ということではないようです。僕も喪中ながら可決できた一人です。同じことを書きますが、申し込み履歴は半年で消えるので、アメックスにチャレンジをしてみる価値はあると思います。

失敗は誰にでもあります。でもやり直すことも誰にでもできます。
僕もやり直すことが出来た一人です。

⇒アメリカンエキスプレスで再スタート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です